遺言書がない場合、遺産はどうしたらいいの?

遺言書がない場合の遺産の分け方は? 遺産の相続
スポンサーリンク

いざという時に、

遺言書がない場合、遺産はどうやって分けたらいいんだろう?

という疑問を解消しましょう。

 

本記事の内容
  • 遺言書がない場合の遺産の分け方

 

スポンサーリンク

遺言書がない場合の遺産の分け方

ここでは、遺産の分割について詳しく見ておこう。

遺産分割協議って何?

遺言書がない場合は、相続人全員で「遺産分割協議」を行うしかありません。分かりやすくいうと、相続人全員で話し合いをすることになります。

ただし、話し合いだけでは、終わりません。

協議の結果、相続人全員の合意が出れば、「遺産分割協議書」を作成し、相続人全員が署名、捺印し遺産の分割は終了となります。

 

分割のルール!?

遺産の分割については、民法で定めている「法定相続分」を目安に、「特別受益」や「寄与分」を考慮して決めます。

 

特別受益とは?

相続人が生きているうちに他の相続人に比べて、事前に多く財産をもらっていることになります。事前にもらっている分も考慮しないといけません。

寄与分とは?

相続人の財産の維持に対して、他の相続人より多く財産がもらえる相続分になります。

 

まとめ

遺言書がない場合は、「遺産分割協議」を行います。

その際は、「法廷相続分」を目安に、

  • 特別受益
  • 寄与分

を考慮して決めます。

決まった際は、「遺産分割協議書」を作成し、全員が署名・捺印が必須となっております。

困らないためにも事前に、遺言書を準備しておくことをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました