伝え方・伝える力の技術とは!? 部下の育成に悩む管理職の方は1度は目にとめるべき考え方

伝える技術とは その他
スポンサーリンク

言いたい事を伝えたいけど、なかなか伝わらない。

どう言ったら分かってくれるだろうか?

って悩んでる人は多いと思います。

この問題を解決していきましょう!

 

そして、このサイトを読み終えれば、きっと・・・

一度しか言ってないのに、きちんと分かってくれている。

ってなるはずです。

 

問題点はどこにあるだろうか?

それでは、まず問題点を考えてみましょう。

ここでの問題点とは、伝える側と伝わる側とどちらに問題があるかです。

 

答えは、伝える側伝わる側の両方にあります。

 

その為にも、伝える力を身に付けていきましょう。

 

伝える力ってなに?

伝える力が重要なのは、誰もが分かっています。

それでは、伝える力って何のか答えを言います。

「丁寧さ」

です。

 

相手に伝える為には、相手に納得・理解してもらわなければなりません。

その為には、「丁寧さ」が不可欠になります。

 

伝える力の強化!?

どうしたら伝える力を強化できるか考えてみましょう。

って言っても難しいですよね。

しかし、意外と簡単な方法があるんです。

 

それは、

「自分の話している動画を録画して、見直して修正する」事です。

 

しかし、している人はいないでしょう。

 

プロスポーツ選手(アスリート)は動画を撮って、フォームを見て、修正して、

を何度も繰り返します。

それで上手になっていきます。

 

伝える力においても、動画を撮って、話を聞いてみて、修正して、

を何度も繰り返せば、上手になるはずです。

 

しかし、そこまでする人はいないでしょう。

みんな上手になりたいって思っているはずなのに・・・

 

その場で、どうにかなると思っているからです。

先に言っときます、伝える力には、技術が必要です。

さらに伝える力には振り返りが必要です。

 

伝える力の技術を習得がメチャクチャ大事になっていきます。

伝える力の習得とは?

ちょうど、この記事を書いているのは4月で新入社員の時期になります。

そこで、

「明るくて元気のいいあいさつ」を明日からしましょう。

って言ったら、みんなはしてくれますか?

 

たぶん、しないでしょう。

誰もが知っているけれど、誰もが出来てない内容です。

なぜなら、伝わってないからです。

 

では、どうしたらいいでしょう?

 

そこで例えば、

「明るくて元気のいいあいさつ」

「暗くて元気のないあいさつ」

 

さて、どちらがいいでしょう?と言うと、

誰もが「明るく元気のいいあいさつ」と答えます。

ここで、

よくあるエピソード

明るく元気なあいさつする人が入社しました。

その人は、明るい元気な挨拶を始めたが最初は社内でういた存在でした。

でも続けました。

そのことによって、もしかしてと気付く人が1人ずつ増えていきました。

いつしかみんな明るく元気な挨拶するようになりました。

そして会社の業績も上がっていました。

リアルなエピソード

リアルなエピソードがあって、何かを新しい事をやろうと人がいます。

けど、そうは言うけど、1人になるのは怖い・・・

その時に、自分は出来るという人はいますか?

 

なかな居ないと思います。

 

1人目は必ずういてしまいます。

時には批判を浴びます。

この内容の深堀においては、下記の記事を参考にしてください。

https://dameten.com/movement/

なぜ必要なのか、なぜ行わなければいけないのか、

それを、丁寧で回りくどく分かりやすく話す事が重要になります。

 

けど、これくらい話さないと、知っているけど出来ないギャップは埋まりません。

まとめ

例が長くなってしまいましたが、スピーチには技術が必要なのです。

その技術とは「丁寧さ」です。

相手に伝えたいという気持ちがあるのであれば、どんなことにも「丁寧さ」を大事にしてください。

タイトルとURLをコピーしました