死亡した場合年金はどうしたらいいのか?未支給請求書の申請する方法

未支給請求書を申請する方法 各種届け出・手続き
スポンサーリンク

いざという時に、

旦那さんが亡くなった場合、年金はどうしたらいいんだろう?

という疑問を解消しましょう。

 

本記事の内容
  • 年金の「未支給請求書」を申請する方法

 

スポンサーリンク

年金はいつまでもらえる?未支給請求書とは?

 年金は死亡した月の分まで受け取ることができます

年金は年に6回、偶数付きの15日に前2か月分が支払われる仕組みになっています。

思慕した月の分までは受給することができるため、支払われていない年金が存在することになります。

それが、「未支給請求書」です。

「未支給請求書」を請求できる人

請求できるのは、亡くなった人と生計を同じくしていた遺族で、

  1. 配偶者
  2. 父母
  3. 祖父母
  4. 兄弟姉妹
  5. それ以外

の3親等以内の親族で、上記の順番と定められています。

自分より先順の比呂がいる場合は請求はできません。

 

年金の「未支給請求書」を申請する方法

 

提出する人生計を同じくしていた遺族
提出先国民年金はジュ処置の市区町村役場の年金担当窓口、厚生年金は年金事務所や年金相談センター
期限受給権者の年金の支払日の翌日の初日から5年
必要なもの
  • 亡くなった人の年金証書
  • 亡くなったことを証明するもの
  • 亡くなった人と請求者の身分関係が確認できる書類
  • 亡くなった人と請求者が生計を同じくしていたことが分かる書類
  • 受け取りを希望する金融機関の通帳の写し
  • 亡くなった人と請求者が別世帯の場合は、「生計同一についての別紙の様式」
タイトルとURLをコピーしました