きちんと申請して傷病手当金をもらおう。少しでもお得に!

各種届け出

傷病手当金とは!?

個人的な病気やケガで仕事を休めば、その分のお給料は引かれてしまいます。

しかし、その期間も安心して療養に専念できるように、協会けんぽ、健康保険組合、共済組合などの被保険者なら、申請をすれば「傷病手当金」が支給されます。

会社を連続して3日以上休めば、4日目以降の休んだ日に対する手当(平均日額給与の3分の2)が1年6カ月間受給可能です。

自宅療養や通院の場合は、医師による証明が必要になります。

□業務外の病気(うつ病)やケガで休むともらえる
□連続3日以上休むと、4日目から受給が可能

どんな時にもらえる!?

・風邪やインフルエンザでの自宅療養、レジャーの際に負ったケガで入院などで会社を休む場合にもらえます

・土日祝や有給休暇も含めて連続3日(待機期間)以上仕事を休むと、4日目以降から支給

スポンサーリンク

 

どうやって申請する!?

勤務先が加入している健康保険(国民健康保険は不可)へ申請します。

医師からの証明が必要なので、もらい忘れがないようにしてください。

相談や問い合わせは、勤務先の人事部や総務部へしてください。

いくらもらえる!?

欠勤1日につき、通勤手当や残業代を含む平均給与1日あたりの額(標準報酬日額)の約3分の2が最長1年6カ月までもらえます(土日祝日分も含む)。

たとえば、報酬日額7000円で3カ月間(92日)会社を休んだら…

 

スポンサーリンク

 

7000円×2/3×(92日-3日間)=41万5333円

になります。