今までの勉強法は間違っている!?効果的な勉強法【勉強しない勉強法】

効果的な勉強法 その他
スポンサーリンク

「勉強はめんどくさい」と分かっていても、頑張って勉強してしまう人は多いと思います。

だが、その方法で長続きしてるでしょうか?

今から紹介する内容を確認し、どう勉強すれば効率よくできるのか確認してみましょう。

スポンサーリンク

おすすめの勉強法

先に答えを言うと、「ユルい勉強法」になります。

コツとして、徹底的に勉強ほハードルを低くすることになります。

例えば、教材やテキストなどを使って勉強する際に、楽な気持ちでめくり、頑張って分かろうとしないことです。

では、なぜ頑張る事がダメなのか、メカニズムを見てみよう。

勉強の成果が上がらない理由

まず、考えてみたいのが、「頑張る人」ほど勉強の成果が上がりません。

なぜそのような事が起きるのでしょうか?

よく、なにか目標や夢などを持ち、「〇〇の資格を取るために」「〇〇に合格するために」と頑張っている姿を見ます。

この頑張っている気持ちは、とても素晴らしいことだと思います。

しかし、その一方で、意気込みが強すぎて勉強が長続きしない人や、集中力が途中で切れてしまう人も多いです。

その理由は、

何かを我慢すると、その次は我慢できなくなる
という事です。
勉強の挫折は、これが原因となります。
今までの勉強法を確認してみてください。

間違いだらけの勉強法5選 ~アドバイス付き~

頑張って勉強スタイルの勉強法

張り切って勉強しても、続かなければ意味がありません。頑張りすぎないのがコツになります。

気軽に、出来る部分や得意な部分を読み、課題に取り組むと継続して勉強できるはずです。

じっくり精読スタイルの勉強法

1ページ目からじっくり・ゆっくり精読してしっかり理解しながら進めることを意識しすぎると、勉強するのが嫌になり挫折してしまう原因になります。

飛ばし読みをしたり、繰り返し読みをし、まずは理解せずとも一通り気軽に読んでみましょう。

ノートに整理スタイルの勉強法

勉強内容をノートにまとめる人は多いと思います。

そこには、1つ問題があるのです。キレイにまとめることで満足し、勉強できない人もいます。

過去問スタイルの勉強法

過去問題集を懸命に時間をかけて取り組むのは、時間のムダになります。わからない問題があればすぐに諦め、解答をみましょう。

その代わり、解答についている解説文を熟読し、出題の傾向や頻出のキーワードをチェックしながら勉強しよう。

1人でコツコツスタイルの勉強法

コツコツこまめにやることは正しい勉強法になります。

しかし、1人で勉強をしていると煮詰まることもあります。勉強して覚えた新しい知識や情報を、家族や友人に説明しアウトプットしていきましょう。そうすると、理解不足の点などを認識することができます。

効果的な勉強法

飛ばし読み&繰り返し読みスタイル

飛ばし読み&繰り返し読みスタイルが効果的です。

具体的な勉強の実践方法は、まず、「飛ばし読み」です。

教材やテキストで読むのが難しいところは、さっさと飛ばして読み進めましょう。例えば、目次やページのタイトルなどざっくり読むことがおすすめです。

人間の脳の記憶には、容量に限りがあります。

その為、一度に多くの量は入りません。

無理に詰め込もうとすると脳がフリーズ状態になります。だからこそ、飛ばし読みが効果的になります。

そして、記憶を少しずつ増やしながら、繰り返し読むことによって頭の中にストックされていきます。

これにより知識・情報がしっかり頭の中に定着することになります。

飛ばし読み、かつ繰り返し読み

まとめ

効果的な勉強法は「ユルい勉強法」になります。

ただ、ここで言ってる「ユルい勉強法」は楽な勉強ではありません。

同じことを反復的に同じことを繰り返し、長続きさせることに意味があります。

 

タイトルとURLをコピーしました