相続税の申告の流れは?申告するためには何を用意すれば?

相続税の申告の流れ 相続税
スポンサーリンク

いざという時に、

相続税の申告には何を用意したらいいんだろう?

申告の流れはどうなってる?

という疑問を解消しましょう。

 

本記事の内容
  • 相続税の申告に必要な書類
  • 相続税の申告の流れ

 

スポンサーリンク

申告書の作成のために必要な書類

申告するために必要な書類を種類と書類を下記にまとめたので確認してみよう。

種類書類
身分・分割に関するもの被相続人の戸籍謄本、遺言書、遺産分割協議書、相続人全員の印鑑証明書
土地、建物固定資産評価証明書、不動産の登記簿事項証明書、名寄帳、路線評価、公図、測量図など
有価証券有価証券保護預り証、有価証券残高証明証など
現金・預貯金預貯金通帳、銀行残高証明証など
保険・年金など生命保険金の支払い通知書、年金証明書、保険証書など
退職金・弔慰金退職金支払調書など
寄付金寄付行為の証明書、公益法人であることの証明書など
債務借用証書、銀行残高証明書、賃貸借契約書、国税・地方税の領収書・通知書、医療費の領収書など
葬式費用葬儀費用の領収書、お布施の金額・寺院名称など
生前贈与財産贈与契約書、相続開始3年以内の贈与税の申告書控え

 

相続税申告書を提出した際の流れ

相続税申告書を提出した際は、大きく3つの流れになります。

1.必要な書類を揃える

まずは、深刻に必要な書類を揃えるところからになります。

相続人の状況や相続財産によって必要な書類が異なるので気を付けましょう。

2.申告書の作成

相続税申告書の作成に関しては、第1表から第15表まであり、相続財産の内容によって申告書が異なるので気を付けましょう。

3.申告書の提出・相続税の納付

申告書は、相続人の住所の管轄税務署へ提出します。

納税は、最寄りの金融機関または税務署です。

申告は、相続開始日の翌日から10ヶ月以内!

 

まとめ

相続人の状況や財産の内容などによって用意する書類も異なります。

税理士さんなどにきちんとお願いし、頼まれた書類は早めに用意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました