生前贈与って?今のうちに相続税対策をしよう。効率よく残す方法!

生前贈与って?相続税対策しよう! 生前贈与
スポンサーリンク

いざという時に、

生前贈与って最近よく聞くけど、どうしたらいいんだろう?

という疑問を解消しましょう。

 

本記事の内容

相続税対策の3つ方法

  • 生命保険を利用する
  • 贈与税の特例を使う
  • 生前贈与を活用する

 

 

スポンサーリンク

相続税対策として生前贈与が重要!?

財産を相続するためには、相続税が必要になります。

相続税は、財産が減ってしまうことに加え、財産を相続する側にとっても大きな負担になるときもあります。

その為にも、法律に触れないように生前に財産を贈与すること重要となります。

 

財産を効率よく贈与する方法3つ

相続税対策として、有効な方法が3つあります。

生命保険の利用

相続人が受け取る生命保険を利用することです。

なぜかというと、生命保険には、非課税枠があるからです。

非課税枠は、

500万 ✖ 法定相続人

です。

生命保険(終身保険)なら、相続人が1人当たり500万までなら相続税なしで財産を引き継ぐことができます。

 

贈与税の特例

贈与税には非課税となる特例が3つあります。

住宅資金の贈与

一般住宅で1,000万円。省エネなどの住宅で1,500万円までが非課税になります。

教育資金の贈与

教育資金の贈与では、1,500万円までが非課税になります。

結婚・子育て資金の贈与

結婚・子育て資金の贈与では、1,000万円までが非課税になります。

 

生前贈与の活用

生前贈与とは、年間110万円までが非課税になります。

贈与税がかからない上に、相続財産が減るので、相続税も減ることになるのでお得となります。

もちろん、年間110万円を超えた場合は課税されるので気を付けましょう。

 

まとめ

相続税対策として、財産を効率よく残す必要があります。

  • 生命保険を利用する
  • 贈与税の特例を使う
  • 生前贈与を活用する

上記、3つのポイントを活用し上手に財産を残しましょう。

タイトルとURLをコピーしました