毎年なんとなくしてませんか?「年末調整」と「源泉徴収」で損しているのかも!?

仕事とお金

払いすぎた所得税が戻る年末の手続き

所得税は、1月1日から12月31日までの1年間、その人が働くことを想定しておおよその金額が割り出され、毎月給料から天引きされています。

そのうえで年末に実際の所得額から再計算され、税額に過不足がないか確認されます。

これを「年末調整」といいます。

税金を多く払っていたら差額の還付があり、納税額に不足があれば追加で納めます。

年末調整では、その年に結婚や出産によって扶養家族が増えたり、生命保険に加入していたりすると、控除の対象になります。

反対に、離婚や子どもの独立によって扶養家族から外れたりすると控除がなくなり、納税不足分を払う必要が出てきます。

年末に会社から年末調整のために必要な申請書が渡されたら、該当する控除をチェックして手続きしてもらいます。

もし年末調整で申請忘れがあった場合は、自分で確定申告を行うことで、申請し忘れた分をとり戻すことも可能です。

自分の給与と納税の金額

給与所得や所得税など、1年間で稼いだ額と納めた税金額が書かれているのが、「源泉徴収票」です。

年末調整の結果も、この票のなかに記入されます。

源泉徴収票は年末に会社から渡されるものですが、1年の途中で会社を辞めた場合は、退職時に受けとリます。

転職した際は、その受けとった源泉徴収票を新しい勤め先へ提出し、年末調整の手続きを行ってもらうことになります。

もし紛失してしまったときは、退職した会社に再発行してもらわなけれぱなりませんから保管には注意しましょう。

再就職しない場合や、フリーランス、自営業の場合いは、年度末に自分で確定申告を行います。

確定申告をすれば、払いすぎた税金の還付を受けることができます。

源泉徴収票を読み解こう

自身の源泉徴収票を準備して、何がどこに記載されているか読み解いていこう。

会社によって、記載の仕方は異なるが基本は同じなので確認してみて下さい。

 ①支払金額

1年間に稼いだお金の総額になります。手取りではなく、税金や社会保険料などが差し引かれる前の額面の年収額が書かれています。非課税の通勤費などは含まれません。

 ②給与所得控除後の金額

年収に応じて一定割合で決まっている給与所得控除額を①支払金額から引いた金額が給与所得控除後の金額です。

 ③所得控除の額の合計

1年間で支払った⑤社会保険料のほか、年末調整で申請した配偶者控除、扶養控除、⑥生命保険t料控除、すべての納税者が無条件で差し引ける基礎控除など、控除される金額の合計が記載されます。

 ④源泉徴収税額

②給与所得控除後の金額から③所得控除の額の金額を差し引いた金額に所得税率をかけて計算した金額が記載されています。最終的に負担した所得税の総額がこちらになります。

 ⑤社会保険料等の金額

会社で天引きされた健康保険、介護保険、厚生返金、雇用保険といった1年間の保険料合計額が記載されています。

 ⑥生命保険料の控除額

1年間支払ってきた所得税額の調整を行う「年末調整」で申告した、個人加入分の生命保険・損害保険の控除金額が記載されています。保険加入年度や種類によって、控除額が変わります。

年末調整で税金が戻ってくる人

・生命、損害、年金の各保険に加入している人

・自宅の住宅ローンを返済している人

・収入が大きく下がった人

・子供が生まれた人

・親の面倒をみることになった人

・16歳以上の子が仕事を辞めた人

年末調整で税金を支払う可能性がある人

・毎月の給料の変動が激しい人

・ボーナスの割合が極端に大きい人

・離婚した人

・親の扶養から外れた人

・16歳以上の子が就職した人