知らいない人は損をする!?給料明細の見方を知り、間違いがないかチェックが必要!

知らいない人は損をする!?給料明細の見方を知り、間違いがないかチェックが必要! お金の問題
スポンサーリンク

給料は、勤怠·支給·控除で構成

会社員の場合、毎月自動的に給与が振り込まれる為、給与明細をもらっても給与明細を見なかったり、銀行口座の振り込みの手取り支給金額だけしか確認しないという人も多いのでないでしょうか?

給与明細には支給金額だけではなく、毎月の税金や保険など、それ以外にもいろいろろ引かれているもの等も記されています。

給与明細の読み解きが大事です

1ヶ月間働いて得たお金が、どのように計算されてどのように支払われているのかを把握することが大事です。

 

それでは、給与明細の実態を確認していこう。

会社員の給与明細は共通して、勤怠・支給・控除の3部で構成されています。

 

勤怠は出勤欠勤日数など勤務状況についてです。

支給は基本給をベースに、会社から支給される各種手当などの合計額が「総支給額合計」に記載されています。

控除は厚生年金や健康保険などの社会保険料や、財形貯そのほか各会社で設定している積立金、組合費、持ち株会などの差し引かれる金額が記載されてます。

 

確認後の給与明細は捨てずに保管!

1番初めに確認すべきポイントは勤怠です。

欠勤や遅刻などは支給額に影響してしまいます。タイムカードなどある会社ではコピーや出勤データを保存し、明細の内容と照らし合わせをしてみて下さい。

残業代など、月ごとに金額が変わるものも計算確認を忘れずにしましょう。

支給の欄には、各種手当の金額が記載されています。資格手当や職務手当などがある会社なら、スキルアップして収入を増やすのもいいでしょう。

また、控除の欄で、自分がどんな社会保険料や税金を天引きで払っているかを、目でみて把握することも大切です。

企業側の雇用保険や年金などの未納トラブルになった際の証明として、給与明細は破棄せず保管しておくと安心です。

給与明細の内容をしっかり読み解けるようになれれば、そこからマネー管理や収入アップのヒントも得られます。

給料明細表を読み解こう

自身の給料明細を準備して、何がどこに記載されているか読み解いていこう。

会社によって、記載の仕方は異なるが基本は同じなので確認してみて下さい。

 ①勤怠_その月の勤務時間や勤務日数

出勤、欠勤、残業、遅刻早退時間など、その月の勤務時間が記載されています。

 ②支給_会社から支給されるお金の合計

上の①勤怠に対しての報酬が示されているのが支給欄です。

残業手当、通勤手当、住宅手当、職務手当、資格手当など各種手当が基本給に加算されます。

 ③控除_給料から天引きされるもの

給料からあらかじめ引かれるものを示す項目です。

保険料や税金などの「法定控除」と、各会社ごとに設定された財形や組合費などの「その他控除」があります。

 ④残業手当_間違いに注意

原則、週40時間または1日8時間を超えて労働した場合は、25%増しの時間外労働手当、週1回の休日に働いた場合は25%もしくは35%増しの休日労働手当が支給されます。

 ⑤勤労手当_手当の種類は会社によってさまざま

勤労手当は通勤手当のほかに、寒い地方の場合は暖房費用として寒冷地手当が出たり、海外出張手当なども存在します。

会社によって手当内容は異なるので、明細の項目を確認してみて下さい。

 ⑥社会保険料_社会保険料は4種類

給与から天引きされる社会保険料は、「健康保険」「厚生年金」「雇用保険」「介護保険」の4種類あります。

 ⑦厚生年金_厚生年金には国民保険が含まれています

社会保険料のなかでも厚生年金の金額が割高なわけは、国民年金の保険料が含まれているからです。

厚生年金を払うことで、その分、年金受給額が上乗せされます。

 ⑧雇用保険_雇用保険が天引きされいるか確認

失業保険や職業訓練給付金などに使われています。

 ⑨住民税_住民税の天引きは2年目から

住民税の金額は前年の所得に対して課税されるため、社会人1年目は原則ありません。

2年目の6月から毎月天引きされるので、手取り額が減ったように感じます。

税率は地域によって多少の差があります。

タイトルとURLをコピーしました