所得税の医療費控除はお得!?申請の仕方には注意が必要!

各種届け出

所得税の医療費控除とは!?

1年間(1月1日~12月31日)に病院窓口で支払った医療費(家族分含む)が10万円を超えた場合、確定申告を行えば、超えた分が所得額から控除されて税金が戻ってきます。

5年前までさかのぼって申請が出来ます。

あん摩マッサージ指圧や歯列矯正費や出産費用も控除対象になります。

また、医療費には市販の薬代や通院時の交通費なども含まれるので、医療費の領収証は日頃から管理しておくのがおすすめです。

□年間10万円以上の医療費で税金が戻ってくる
□通院交通費や市販薬購入代も控除対象になる

どんな時にもらえる!?

・1年間(1月1日~12月31日)に支払った医療費(交通費・市販薬代含む)が10万円を超えたとき

・収入が200万円未満の場合、自己負担額が所得税の5%を超えたとき

・本人だけでなく、生計を共にしている家族分も合算して上記の条件に当てはまるとき

スポンサーリンク

 

どうやって申請する!?

医療費の領収証や源泉徴収票。交通費の記録を添えて税務署に確定申告をします。

医療費の領収証やレシートを添えて提出するため、捨てずに保管しておいてください。

ただし、領収証のない交通費は、日時・経路・運賃のメモ書きなどで大丈夫です。

マイカーのガソリン代や駐車場料金は対象外になります。

いくらもらえる!?

所得やかかった医療費により最終的に戻ってくる額は変わってきます。

たとえば、所得400万円のAさんの1年間の医療費が30万円だったら…

スポンサーリンク

 

上の表に当てはめると

30万円-10万円=20万円が医療費控除額※2

※2 上限は200万円

しかし、20万円が戻ってくるのではありません

戻ってくる金額=医療費控除額×所得税率

スポンサーリンク

つまり、戻ってくる金額は

➡20万円×20%=4万円

になります。