iDeCoのお得な節税効果は?3大節税メリットを公開!

iDeCoのお得な節税効果 お金の問題
スポンサーリンク

いざという時に、

iDeCoってどんな所がお得なのか?

という疑問を解消しましょう。

 

本記事の内容
  • 「iDeCo」の3大節税メリット

iDeCoについては、こちらを確認お願いします。

老後のお金が心配。お金を準備するのに適した「iDeCo」「NISA」とは?
いざという時に、 老後のお金を準備するのに適した方法が知りたい。 という疑問を解...
スポンサーリンク

3つのタイミングで税金がお得になる?

老後の資産形成のための制度である「iDeCo」に最大の特徴は、何といっても「積立時」・「運用時」・「受取時」のすべてのタイミングで得られる節税効果の大きさです。

スポンサーリンク

積立時

「積立時」は、毎月の掛金がまるごと所得控除の対象となり、その年の所得税と翌年の住民税の負担が軽減されます。

年末調整や確定申告をすれば、納めた税金が所得と掛金の額に応じて還付されます。

積立時の節税効果は、収入が多い人ほど節税効果が高いことです。

積立時の節税ポイント
  • iDeCoで積み立てた掛金は、全額が所得控除の対象となり、所得税・住民税が軽減される

運用時

「運用時」には、運用益が全額非課税になります。

例えば、投資信託を運用して1万円の利益をが出た場合、一般の証券口座などでは、2,031円の税金がかかるの対して、iDeCoでは税金が0円になります。

この節税効果は、利益が大きくなればなるほど大きくなり、100万円の利益がでた場合には、20万円以上を節税できることになります。

運用時の節税ポイント
  • 投資信託などの金融商品で運用して利益が出た場合、通常だと運用益に対して税金が引かれますが、iDeCoはすべて非課税となる
スポンサーリンク

受取時

「受取時」にも節税の優遇があります。

iDeCoでは、積み立てたお金を受け取る際に、一括で受け取るか年金形式で受け取るかを選ぶことが出来ますが、一括で受け取った場合には「退職所得控除」が適用され、1,500万円まで非課税となります。

年金形式で受け取った場合は「公的年金等控除」が適用され、公的年金と合算して年120万円が非課税になります。

特に一括の受け取りの場合は上限設定が高いため、こちらを選べば税金を一切払わなくて済むことも出来ます。

受取時の節税ポイント
  • 60歳以降、積み立てたお金は、一括か年金で受け取れます。一括で受け取ると退職金控除、年金で受け取ると公的年金等控除が適用になる
スポンサーリンク

まとめ

これだけ手厚い税制優遇の制度はほかにありませんが、原則60歳以上にならないとお金を引き出せないことを、デメリットだと感じる人もいるでしょう。

しかし、逆を言えば、簡単に引き出せないからこそ、老後のお金を確実に増やしていけます。

iDeCoの節税ポイント
  • 「積立時」に控除された税金は年末調整や確定申告で戻ってくる
  • 「運用時」と「受取時」にもそれぞれ優遇が受けられる
  • 簡単に引き出せないので老後資金を確実に貯めることができる
タイトルとURLをコピーしました