永代供養墓とは?どんな種類があるのか確認してみよう!

永代供養墓とは?どんな種類があるのか? お墓について
スポンサーリンク

いざという時に、

永代供養墓って何だろう?

どんあ種類があるんだろう?

という疑問を解消しましょう。

 

本記事の内容
  • 永代供養墓とは
  • 永代供養墓の種類

 

スポンサーリンク

永代供養墓とは?

永代供養墓の読み方は、「えいたいくようぼ」です。

そして、永代供養墓とは、運営する寺院などが、一定期間は管理・供養を行ってくれるものをいいます。

費用は?

一括で支払うタイプと、一定期間は管理・供養料を納めるもの2種類あります。

注意としては、言葉が似ていますが、「永代使用料」とは違います。

永代使用料については、こちらの記事で確認お願いします。

お墓の値段っていくらが相場?意外と値段は高いかも!?
お墓を建てる時の相場を理解しよう。暮石代だけではない。それ以外にも、永代使用料などもかかります。

 

永代供養墓の種類

個別に建てられた暮石タイプもありますが、最近では、モニュメントへ納骨するものなどさまざまあります。

詳しくは下記を確認してみよう。

暮石型石材等による大きなモニュメントがあり、そこへ納骨する合祀(ごうし)墓方式のものと、個別に建てられた暮石に納骨が可能なタイプがあります。
納骨堂型個人で入るものと、夫婦や家族で入れるタイプのものなどがあり、遺骨の数で料金が異なる場合が多いです。施設によっては一定期間が経つと合祀改葬となる場合もあります。
樹木葬型樹木が植えられている場所の地下などへ、納骨できるタイプのものになります。もしくは、遺骨をさらしなどで包み土へ埋めるタイプのものがあります。
タイトルとURLをコピーしました